環境方針

はじめに

産業社会のめまぐるしい拡大発展と引き換えに、 私たちは今地球的規模の環境問題に直面しています。環境のテーマへの取り組みは、人類にとって21世紀における最重要課題の一つと申しても過言ではありません。
私ども興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として国内外に拠点と市場を持ち、環境とはさまざまなかたちで接しながら、 活動を展開しています。 それゆえに、かけがえのない地球に生きる企業として、地球環境のために何ができるかを常に考え、行動していきたいと願っております。

私たちは、ISO14001に基づいた環境マネジメントシステム(EMS)を構築・運用するため、グループを挙げて環境保全活動に取り組んでおります。

興和マルチサイトグループ(以下の対象範囲の事業所)
|対象範囲|
●興和株式会社の本店、東京支店、東京支店第二ビル、大阪支店、名古屋支店、小牧工場、
 調布ビル、Tres表参道ビル、京セラ原宿ビル、仙台、福岡
●興和紡株式会社の本社と印刷事業本部
●以下の関係会社
 興和テクニカルサービス株式会社、興和冷蔵株式会社、名南三菱自動車販売株式会社、
 株式会社シュテルン名古屋南、興和光学株式会社、興環テクノ株式会社

PAGE TOP

興和マルチサイトグループ環境方針

[ 理 念 ]
「地球と未来を考える興和グループ」は、環境問題の重要性を認識し、社会の持続可能な発展に寄与するため、事業活動と地球環境保全との調和を図る。

[ 方 針 ]
興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として、環境とさまざまなかたちで接しながらグローバルな事業活動を展開している。
当グループは、自らの活動、製品又はサービスのライフサイクルを考慮し、以下の方針に基づいて事業活動を展開し、理念の実現に努める。

  • 環境管理体制(EMS:Environmental Management System)の確立、実施、維持
    ISO14001 を活用した、EMSを確立し、実施し、維持するとともに、パフォーマンス向上のためにEMSの継続的改善に努める。

  • 環境関連諸法規等の順守
    事業活動にあたり、環境に関する法律、規則、その他興和グループの合意した事項を順守する。

  • 汚染の予防と環境保護
    • 化学物質の適正管理:化学物質の適正管理を徹底し、各種の汚染を防ぐように努める。
    • 低炭素社会構築への寄与:気候変動防止に繋がる省資源、省エネルギーに努める。
    • 循環型社会構築への寄与:循環型社会の実現を目指し、廃棄物の発生抑制、リサイクル、資源の有効利用に努める。
    • 環境保全型事業の推進:環境負荷を低減させる事業および環境に配慮した製品、商品の取扱いを推進する。
    • 生物多様性保全への配慮:生物多様性の保全が次世代への責任であることを認識し、
      持続可能性を脅かす行為に加担しないように努める。

PAGE TOP